得する人損する人、失敗しないステーキの焼きワザ

あのニュースで得する人損する人で
失敗しないステーキの焼きワザを
武藤俊一さんが教えてくれましたので記載

スポンサーリンク

失敗しないステーキの焼きワザ

まず最初に行う事は
ステーキ肉を密閉袋に入れて空気を抜き
キッチンペーパーをフライパンに溜めた
お湯の中へ入れ50度のお湯で湯煎する

50度のお湯にする方法として、例えば
フライパンに500mlのお水を入れて
沸騰させたら、その時に同量のお水を
入れる事で約50度になるといいます。

牛の体温の40度に近づけると
生きている時のような状態に戻るという
キッチンペーパーを敷いたのは肉を
約40度にキープするためだといいます。

科学的にもメリットがあって
牛肉は60度を超えるとうまみ成分が
逃げ固くなる、なので焼く前に湯煎を
する事でうまみ成分を閉じ込めて
柔らかく美味しい状態に
する事が出来るという。

湯煎の時に中まである程度火が入るため
後は肉に好みの焼き目をつければOK

これで美味しいステーキを誰でも
失敗せずに焼くことができるという。

5分経ったらお湯から取り出して
袋から出します、ピンク色になり
柔らかくなっていたら焼き頃です。

そして表面にオリーブオイルを塗り
塩を適量つけてフライパンで
中火でステーキを焼いていきます。

アルミホイルをくしゃっとして
ふわっとかぶせて焼いていきます
アルミホイルで適度に隙間があると
蒸気が適度に抜けて
中まで火が通りやすくなるという

焼き色がついたらフライパンから
取り出して2分くらい置きます
余熱で中まで火を通して
こしょうで味を調えて
2分経ったら切っていきます
これで完成。

2018年6月13日放送あのニュースで得する人損する人より

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です