新玉ねぎの春おでんのレシピ、きょうの料理より

きょうの料理で飛田和緒さんが
新玉ねぎの春おでんの作り方を
紹介してくださいましたので記載。

新玉ねぎの春おでんの作り方

材料 4人分
新玉ねぎを切る時、頭の部分は少し切り
根元は薄く削ぐように切る
こうする事で
煮る間にバラバラにならない
このような新玉ねぎを4個800g用意。

おでんの出汁を作ります
あさり400g、砂抜きしよく洗い3%程度の
塩水につけ冷蔵庫に一晩おく

お鍋にアサリを入れ、水を2リットル入れ
中火にして煮立ったら弱火にする
アサリの殻があくまで煮たらOK

アサリの殻を取り出していき
汁を濾していきます

そして別のお鍋にあさりのスープ
1リットルを入れて
そこへ新玉ねぎを入れる

中火で煮立たせて弱めの中火で
20分から30分煮ていく
30分後、串を刺して固さを確認
すーっと通るとOK

他の具を入れていきます
こんにゃく1枚適度な大きさに切り
下茹でをしてアクを取りながら
表面に切り込みを入れ、お鍋に追加。

お好みの練り物を4個入れる
入れすぎないようにする、これから
出汁が出てアサリの味が
感じられなくなるためです。

茹で卵4個を入れ、味付けは塩小さじ1
入れたらおよそ10分煮ていきます
これで完成となります。

2018年3月7日放送きょうの料理より

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です