スポンサードリンク




きょうの料理、里芋とほうれん草のごまびたしのレシピ

きょうの料理で杉本節子さんが
里芋とほうれん草のごまびたしの
作り方を教えてくれましたので記載

里芋とほうれん草のごまびたしの作り方

材料は作りやすい分量です
まず里芋をゆでていきます
里芋7個を洗ってから、お鍋に入れて
かぶるくらいの水を注ぎ、ふたをして
強めの中火にかける、沸騰したら中火にし
20~25分ゆでる。
 
時間がたったら、里芋に火が通ったか
確認をしてから、ざるにあげていき
10分おいてあら熱をとる。
 
里芋の皮が乾いていたら、むいていく
その方が皮がむきやすいとのこと。
 
ゆでた里芋3個を6等分に切ります
次に、ひたし地を作ります
バットに、だしカップ1/2、塩小さじ1/5
薄口しょうゆ小さじ1、みりん小さじ2を
注ぎ入れて混ぜ合わせる。
 
混ぜ合わせたら、白すりごま大さじ2を
ふりかけて混ぜ、切った里芋を
バットに入れて
里芋同士がくっつかないよう広げる。
 
塩少々を加えた湯でサッとゆで
水にとって30分おき、水けを絞り
3㎝長さに切った、ほうれん草150gを
バットに加えていき、里芋の間に
入れていき、浸るようにし
ラップを密着させて、30分以上浸す
これで完成となります。
 
2020年9月30日放送きょうの料理より
 

スポンサーリンク