スポンサードリンク




あさイチ、魚介のりんご酢ジュレ仕立てのレシピ

あさイチで萩野聡士さんが
魚介のりんご酢ジュレ仕立ての作り方を
教えてくれましたので記載

魚介のりんご酢ジュレ仕立ての作り方

材料の分量は不明です
だし、薄口しょうゆ、しょうゆ、砂糖
これらをお鍋に入れて
中火にかけ、混ぜ合わせていく。
 
沸騰したら、ゼラチンを入れて混ぜ
弱火にします、リンゴ酢を加えて火を止め
氷水の入ったボウルに、お鍋をつけて
混ぜ合わせ、粗熱をとる
あら熱がとれたら、冷蔵庫で6時間ほど
冷やして固めます。
 
6時間後、冷蔵庫から取り出し
泡だて器で混ぜ合わせて崩します
これでジュレのできあがり。
 
りんご1/4個を皮をむいてすりおろし
冷蔵庫から取り出したジュレの中に
入れて混ぜ合わせたら
サッとゆでて1㎝角に切った、きくらげ
同じくサッとゆで、5mm角に切った絹さや
5mm角に切り、レモン水に浸したりんご
これらを加えて混ぜ合わせる。
 
お刺身用の鯛の柵1つ用意し
皮目に塩をふり
フライパンで皮目から焼いていく
皮目に軽く焦げ目がついたら取り出す。
 
ほうれん草をサッとゆでて氷水にとり
水けを絞って、味をつけただしに浸し
冷蔵庫で1時間ほど置く。
 
しめじはサッとゆで、味をつけただしを
お鍋に入れて、そこにしめじも加え
1分半ほど煮て、粗熱を取り
冷蔵庫で1時間ほど置く。
 
粗熱が取れた鯛を切り分けて
予め、ほうれん草としめじをお皿に
盛りつけて置き、その上にのせ
更に茹でたえびものせます。
 
仕上げにジュレをかけて
完成となります。
 
2020年12月15日放送あさイチより
 

スポンサーリンク