スポンサードリンク




あさイチ、丸鶏の中国風塩釜焼きのレシピ

あさイチで山野辺仁さんが
丸鶏の中国風塩釜焼きの作り方を
教えてくれましたので記載

丸鶏の中国風塩釜焼きの作り方

材料の分量は不明です
丸鶏1つを用意し、身と皮の間に
指を入れていき、皮を剝いでいく
鶏ももの関節の部分に切り込みを入れ
更に剥いでいき、身の部分と皮の部分
わけていきます。

ウエットスーツみたいですね。
 
首の部分は、頭を落とした時に
開いてしまっているので
ここをつまようじで、縫うように刺し
閉じていきます
皮の部分で開いてるのは、尻の部分のみ。
 
炊飯器で予め、鶏のおこわを炊いておく
作り方は簡単に
フライパンにごま油をひいて
細かく切った、豚バラ肉、鶏肉
ザーサイ、干ししいたけを炒めて
全体に火が通ったら、炊飯器に
もち米、干しえび、干し貝柱
水を入れて、そこへ焼いたものも加え
炊いたら、できあがりです
これを取りの皮の中に詰めていく。
 
鶏の皮に詰め終えたら、尻の部分も
竹串で閉じて、そこへ熱湯を
何度かかけ、皮が縮んでいく
これで中のおこわが出づらくなる。
 
身が縮んだら、皮にしょうゆを
たっぷり塗ります。
 
塩釜を作ります
五香粉、ホワジャオ
おこわを詰めた鶏皮を覆えるくらいの塩を
ボウルに入れて
水適量を少しずつ入れて混ぜていく
手でギュッと固めて、崩れなければOK。
 
オーブンの天板にシートを引き
その上に混ぜた塩を厚めに広げて
更にその上に、白菜4枚ほど敷き
おこわを詰めた鶏の皮をのせて
さらに白菜で覆って、その上に混ぜた塩を
のせて固めていき、白菜を覆う。

 
160度に予熱したオーブンで
1時間ほど焼いていく
時間がたったら、木槌で塩を割って
どかして、鶏の皮のおこわを取り出し
お皿に盛りつけて
食べる時になったら
鶏の皮を切り開いていく
これで完成となります。
 
2020年12月15日放送あさイチより
 

スポンサーリンク