五目ずしのレシピ、きょうの料理より

きょうの料理で柳原一成さんが
五目ずしの作り方を
紹介してくれたので記載

五目ずしの作り方

れんこんの皮を剥き縦四つ割りに
してから薄切りにし、酢を加えた
お湯へ入れてアクを取る。

米酢、砂糖、塩をお鍋に入れ
ひと煮立ちさせる、そこへアクを
とったレンコンを熱いうちに入れる
漬ける時間は10分以上2時間以内が目安。

続いて絹さやを茹でる

沸騰したお湯に塩を1つまみ入れ
絹さやを茹でていく

茹で上りの目安は絹さやにしわが
より出す前に取り出しましょう
そして種ごと細切りにしていく。

千切りにして水にさらすと
タネだけが浮いてくるので
取り除きやすい。

次に錦糸卵を作ります

たまごと砂糖を混ぜ合わせて
玉子焼き用のフライパンに卵を
流し入れます

フライパンの縁から卵が
剥がれだしたら裏返します
コンロから離して焼くことで
卵が焦げる心配もありません

次にお米を炊きます

米と水を入れ30分間浸水させてから炊く
お米が温かい方が具材は
混ざりやすいので、ご飯の炊きあがりと
具の仕上がりを合わせるとよい。

お米に入れる具材の味付け
だし、砂糖、しょうゆを鍋に入れ
最初に人参を入れる、煮えたらあげ
人参が吸った分の調味料を足す
番組では、砂糖と醤油、各小さじ1と1/2
足していました。

次にしいたけだけを煮ていく
取り出したら、同じように調味料を
加えていき
(番組では砂糖大さじ3、醤油小さじ2)
油揚げを煮ていく
油揚げが吸った水分は搾って
出す必要はありません。

お米が炊き上がったら10分間蒸らし
米酢と薄口しょうゆを混ぜた
すし酢をかけます

すし飯が熱いうちに煮た具を全て入れ
混ぜ合わせていきます

均一になったらうちわであおぎ
ほどよく冷えてきたら
お寿司を盛り付け、絹さやや
錦糸卵、レンコン、焼き海苔
紅ショウガを盛り付ければ完成です

2018年2月27日放送きょうの料理より

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です