きょうの料理、秋さばの照り焼き月見丼のレシピ

きょうの料理で髙井英克さんが
秋さばの照り焼き月見丼の作り方を
教えてくれましたので記載

秋さばの照り焼き月見丼の作り方

材料は1人分です
なす1個を縦半分に切り
隠し包丁をして5等分にし水につけ
アクを取ります。

三枚おろしのさば1枚の腹骨とかまをとり
中骨にそって包丁を入れて切り
骨の部分を切り取って5等分にする。

フライパンにサラダ油大さじ1強をしき
中火にしてさばの皮を下にして焼いていく
なすは紙タオルで拭きとり皮目を
下にして焼いていきます。

調味料を作ります
ボウルにしょうゆ・酒・みりん各大さじ1
砂糖小さじ2、おろししょうが小さじ1/2
これらを混ぜ合わせます。

さばの周りの部分が
白くなってきたら裏返します。

なすがしぼんできたら調味料を
鍋肌から注いでいく
そしてお鍋をゆすって裏返す。

ご飯をどんぶりに入れて
なすとさば、交互に乗せていく
真ん中だけをくぼめて温泉卵1個を落とし
粉ざんしょう少々ふりかけ完成です。

2018年10月15日放送きょうの料理より

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です