きょうの料理、黒豆の煮つけのレシピ

きょうの料理で柳原一成さんが
黒豆の煮つけの作り方を
教えてくれましたので記載

黒豆の煮つけの作り方

材料は作りやすい分量です
黒豆カップ2をボウルに入れて
水でサッと洗います
それからお鍋に入れます。

次にさびた釘を5本ほど用意し
これをだし用パックに入れてお鍋の中へ
これは鉄分をプラスするために入れるのです
ない場合は市販の鉄材を使いましょう。

重曹を小さじ1/2入れたら
熱湯をカップ6、お鍋に注ぎます
そしてふたをして1晩置きます。

1番置いたら豆が柔らかくなるまで
下ゆでをしていく、ふきこぼれそうになる
直前に火を弱めてアクを一気にすくいます
これを4回ほど繰り返す。

あくが出なくなったら弱火で
6時間ほど煮る、豆が指で軽く押さえると
つぶれるくらいまで煮ていく。

そして豆の色が濃くなったタイミングで
火を止めます、これで下茹では終了。

黒豆をゆっくりと優しくざるにあけて
ぬるま湯で煮汁を洗い流す
豆にぬるま湯を直接当てないように
豆が崩れてしまうため。

この作業を2~3時間おきに水をかえ
3回ほど繰り返す
豆の重曹をぬいていくため行うのです。

次にみつを作ります
水カップ1と3/4、砂糖カップ2を
お鍋に入れて、薄口しょうゆ小さじ2
塩少々も加えて、砂糖が溶けるまで
中火にかけていく。

砂糖が溶けたら煮立たせて
煮立ったら火を止めて
人肌程度まで温度が下がったら
水けをきった黒豆を加えます。

紙ふたをして弱火で3~4分煮る
これで1晩置く、1番経ったら
黒豆をざるに優しくあけて
漬けていたみつはお鍋に入れて
弱めの中火で5分ほどに詰める

人肌程度に温度が下がったら
黒豆にかけて味を含ませていく
数時間置くと完成となります。

2018年12月10日放送きょうの料理より

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です