きょうの料理 キャベツのざく切り蒸しよだれ鶏風のレシピ

きょうの料理で藤井恵さんが
キャベツのざく切り蒸しよだれ鶏風の
作り方を教えてくれましたので記載

キャベツのざく切り蒸しよだれ鶏風の作り方

材料は作りやすい分量
キャベツ1個(900g)を5㎝角ほどの
大きさに切っていく、硬い部分は
薄く切っておく。

塩小さじ2/3、水大さじ3を入れる
番組ではこのように
深いフライパンに
キャベツを入れてかけていました。

少量の水で蒸すのは栄養が逃げず
甘みも増して歯ごたえもよくなる。

強めの中火でフライパンに火をかけ
ふたを予めかぶせておく
段々とキャベツが蒸されていくと
ふたが閉まっていくので
閉まったら中火で2~3分蒸す。

蒸し終えたら、まずは
キャベツのざく切り蒸しが出来上がり
冷蔵庫で4~5日間保存が可能。

この蒸したキャベツ1/4の量を
お皿に盛りつけておく

鶏むね肉1枚に塩小さじ1/3をすりこみ
30分間常温におく、それから
お酒大さじ2、皮つきの薄切り生姜
1/2かけ分、ネギの青い部分1本分を
このように鶏肉の上に乗せる

お酒に鶏むね肉をつけたら皮の部分を
下にして裏返す。

ラップをします、1枚目は食材に
ぴったりとくっつけて、2枚目は
ふんわりとかぶせる。

電子レンジ600wで2~3分加熱する
その後、2分間置いて蒸らし
鶏むね肉の上下を返し
ラップをかけたまま冷ます。

蒸し汁はたれに使いますので
とっておく、鶏むね肉は1㎝幅に
切っていく。

先程のお皿に盛りつけておいた
キャベツの上に鶏むね肉を盛り付ける

次にたれを作ります
フライパンにごま油大さじ1
豆板醤小さじ1/2
すりおろしニンニクを1かけ分を
入れて炒める。

香りがふわっと出たら火を止めて
砂糖小さじ1
すりおろし生姜1/2かけ分
醤油・酢 各大さじ1
粉さんしょう小さじ1/2
すりごま・鶏の蒸し汁各大さじ1を
入れて混ぜていくとたれが出来上がり。

このタレを鶏肉の上にかけて
白髪ねぎとパクチー適量を添え
完成となります。

2018年4月16日放送きょうの料理より

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です